玉蜀黍染色再び

皆さまこんにちは~(*´∀`)♪

先ずは自分と仲直り♡

Be create labo ナースセラピストNyaoことイノウエナオコです♡




前回の染色、

よくよく見てみたら、ちゃんと染まってました~(*´∀`)♪



f:id:nyao0121:20180714184620j:plain

上が染めた布、下がまだ染めてない布。



このときの染色液のPh がほぼ中性だったので、

アルカリ性か酸性によせたら、、、と思い立ち


昨日は染色液に、重曹をくわえました。



f:id:nyao0121:20180714184813j:plain

おお!!アルカリ性!!!



結果は


ちょっと茶色がかってしまったかなー。


アルミ媒染ではPhの作用か色が白に戻ってしまったし、

その後にまた再度染めてみたけど、思ったほど色は入らなかった。


鉄媒染もちょっと白く戻って(色が抜けた?)

その後染め直ししたら茶色に少し傾いてしまった感じー。。


また乾いたら写真載せますね~(*´∀`)♪

玉蜀黍染色

みなさまこんにちは(*´∇`)ノ


先ずは自分と仲直り♡

Be create labo ナースセラピストNyaoことイノウエナオコです♡


先日、

生でも食べられる、「きみひめ」という名前の玉蜀黍を手にいれまして(*´∇`)ノ


ひげはお茶用に干して、

皮を染色用に干しておりました。

f:id:nyao0121:20180623164626j:plain




今日はこの玉蜀黍の皮を使って染色に挑戦しました~(*´∀`)♪♡




皮を煮詰めて

f:id:nyao0121:20180623165001j:plain


ちなみに染色液のPhはこちら

f:id:nyao0121:20180623165031j:plain





浸して~(*´∀`)♪
f:id:nyao0121:20180623165101j:plain



アルミ媒染液のPh

f:id:nyao0121:20180623165131j:plain


アルミ媒染に浸して~

f:id:nyao0121:20180623165141j:plain


再度染色液に浸して~

f:id:nyao0121:20180623165012j:plain



こちらは鉄媒染のPh

f:id:nyao0121:20180623165233j:plain

鉄媒染もやって、


洗って

干しました。



出来上がり~(*´∀`)♪♡



で、す、が、、、



上手く染まりませんでしたー!!(>ω<。)


染色液のPhがほぼ中性だったからどうかなー?と思ったんだけど。。。


次回はまたちょっと考えてみまーす!!

苅安染め

みなさん、こんばんは(*´∇`)ノ




先ずは自分と仲直り♡

Be create labo ナースセラピストNyaoこと、イノウエナオコです♡



先日、

染色教室で苅安の葉を使って染めた残り液で、

おうちで染めてみました(*´∇`)ノ


苅安の葉

f:id:nyao0121:20180616200719j:plain



それをこんな感じで

f:id:nyao0121:20180616200859j:plain



f:id:nyao0121:20180616200900j:plain



f:id:nyao0121:20180616200915j:plain



f:id:nyao0121:20180616200925j:plain


こんな感じの過程を経て



染めたシルクストールがこちら

f:id:nyao0121:20180616200757j:plain

ここまでが教室でやったこと。





家では



染液に浸します

f:id:nyao0121:20180616201048j:plain


アルミ媒染液に漬け込みます

f:id:nyao0121:20180616201100j:plain


洗います。



これを二回くりかえし


因みにこんな違い~(*´∀`)♪

f:id:nyao0121:20180616201227j:plain

右が染液で、
左は媒染液につけたもの。




繰り返すことで、生地への色の染み込みがよくなります♡




鉄媒染の液も作り

f:id:nyao0121:20180616201332j:plain

染めます

f:id:nyao0121:20180616201345j:plain


再び染液に漬け込みます。

f:id:nyao0121:20180616201353j:plain



出来上がり~(*´∀`)♪



わかりますか?色のちがい。

f:id:nyao0121:20180616201435j:plain


黄色っぽいのがアルミ媒染の部分。
少し緑がかってる所が鉄媒染にも漬け込んだ部分。
これはリネンなので、木綿より染まりやすかったです。

f:id:nyao0121:20180616201509j:plain




こちらは木綿。
手拭いを縛って模様にしました。

f:id:nyao0121:20180616201637j:plain


色のちがい。わかりやすいです~(*´∀`)♪♡

f:id:nyao0121:20180616201643j:plain





こちらはアルミ媒染のみで染めたもの。
模様は、一緒に教室に通ってる方が教えてくれた方法で入れてみました。
一部の小さな丸見えますか??

f:id:nyao0121:20180616201717j:plain



日がな一日中

染色だけ出来る日を心待ち~(*´∀`)♪♡♡♡


色々調べながらやるため

リトマス試験紙も購入~(*´∀`)♪笑


教室では来月から3ヶ月間、藍づくしなので楽しみ~(*´∀`)♪♡♡♡

梅の木で染色

みなさん、こんにちは~(*´∀`)♪


先ずは自分と仲直り♡

Be create labo ナースセラピストNyaoこと、イノウエナオコです♡




先日時々お邪魔させて頂いている

鎌倉の畑で、梅林の手入れがあり、

そこで、梅の木の枝を頂いてきました~(*´∀`)♪

f:id:nyao0121:20180613124122j:plain



これを使って染色してみましたよ~(*´∀`)♪



細かく砕いた枝をネットに入れます。
f:id:nyao0121:20180613122956j:plain



沸騰後30分ほど煮出して染液を作ります
f:id:nyao0121:20180613123009j:plain



布を入れて10~15分ほどヒタヒタ浸します。
f:id:nyao0121:20180613123111j:plain



布を洗って、アルミ媒染の液の中で10~15分ほどヒタヒタ浸します。
f:id:nyao0121:20180613123131j:plain



再び染液を温めて、
f:id:nyao0121:20180613123141j:plain



布を浸します。
f:id:nyao0121:20180613123154j:plain



鉄媒染もしてみましたが、あまり変わらず~(。>д<)💦
f:id:nyao0121:20180613123208j:plain



染め上がりはこんな感じ♡


f:id:nyao0121:20180613123632j:plain
向かって左が染めてない白い布。
右が梅の木で染めた布です。
サーモンピンクの優しい色合いになりました~(*´∀`)♪



正直、めんどくさいー!!(>ω<。)ってとこもありますが、

やっぱり楽しい(*≧∀≦)♡♡♡


しかし、なかなか思うような色にはならないなー!!笑


そしてやっぱり、

火を起こし放題な竈と、
洗い放題な水屋が欲しいなぁ~(*´∀`)♪♡

梅仕事

みなさんこんにちは~(*´∀`)♪

先ずは自分と仲直り♡

Be create labo ナースセラピストNyaoことイノウエナオコです♡


先日実家に帰った時に、

青梅、手に入れました~(*´∀`)♪


で、早速梅シロップ作りしました♡



梅洗いまーす
f:id:nyao0121:20180606171555j:plain


ヘタにつまようじを刺してヘタを取ります
f:id:nyao0121:20180606171624j:plain


こんな感じ♡
f:id:nyao0121:20180606171606j:plain


今回はこんな感じに切って浸けました。
f:id:nyao0121:20180606171655j:plain


通常レシピは氷砂糖なのですが、好みで今回はこちらを使用
f:id:nyao0121:20180606171707j:plain


一番下に固形の黒糖を入れてその上に梅を載せてを繰り返します。
f:id:nyao0121:20180606171719j:plain


こんな感じに。
f:id:nyao0121:20180606171733j:plain


一番上にも固形の砂糖で。
f:id:nyao0121:20180606171745j:plain


出来上がり~(*´∀`)♪
f:id:nyao0121:20180606171754j:plain


次の日にはかなりお砂糖が溶けて梅と馴染みます。
これは4日目。
f:id:nyao0121:20180606171807j:plain


新しくまた梅を手に入れたので、先に浸けた方は7日目にリンゴ酢をくわえました。(左)
右のは新たに浸けましたよ~(*´∀`)♪
f:id:nyao0121:20180606171813j:plain


浸けてから毎日一日一回瓶を振って全体に馴染ませます。


*梅が液より出た状態で放置すると腐るので注意!!


*私は今回3つに切って浸けましたが、
切り込み入れるだけでも、そのままでも、フォークで突き刺しても、凍らせてからでも、
色々方法があるので、お好みで試してみて下さい♡


だいたい二週間もすると飲めます~(*´∇`)ノ

水割りやソーダ割りがオススメ✨✨✨

ソメイヨシノの実でやってみた。

みなさん、こんばんは(*´∀`)♪


先ずは自分と仲直り♡

Be create labo ナースセラピストNyaoことイノウエナオコです♡



先日友人がソメイヨシノの実を砂糖漬けかな?にしてたのを写メでupしてたのですが、

その色を見て、

これで染めてみたい!!

と思いまして。


たまたま実家に帰る予定があり、

たまたま見つけました!!

ソメイヨシノの実(*´∇`)ノ
f:id:nyao0121:20180601184204j:plain
(画像お借りしました!)



さて、

どうやって染色液をつくるのか???
と思い、
いろいろ検索してみましたが、一向に出てこず。。。


仕方ないので先ずは煮出してみました。

本見てたら
花びらをお酢で抽出する、というのを見つけ、

お酢をちょこっとたしてみましたが、


思うような色にならず。。。


桜の木のチップがあったので一緒に煮出してみましたが、
あまり色は変わらず。。。


アルカリ性にしようと思ってたのに間違えて

鉄媒染の液を、ちょこっと入れてしまいました。。。


オーマイガーっっっ!Σ( ̄□ ̄;)



やってしまったのは仕方ない。。。


氣を取り直し、


重曹入れたらいいんだよね!!


と思い入れてみたら


なんとなく染色液っぽい色になってくれました(*´∇`)ノ

f:id:nyao0121:20180601184800j:plain



うきうきしながら染めて

おお、桜の花びらのような色ね~(*´∀`)♪

っておもったのですが、


ここでアルミ媒染浸けたらどうなる?

と思い

水洗い後、媒染液に浸けたら




f:id:nyao0121:20180601184906j:plain



ちーん( 。゚Д゚。)



もう一回先程の染色液につけ直し、

さっきと同じように染まったので一安心♡



他にいろいろ本やネットを眺めていたら


ジューサーで実を潰す方法が出てきました!!


え!!
これやったら最初からやればうまく行ったんでないの(^_^;)))と思いつつ


再度染色液づくり~(*´∀`)♪

けどもう実は無いので

煮出したやつを使ってみました。


それなりの色に出ましたよ~(*´∀`)♪

と言うことで喜んでまたじゃぶじゃぶ


f:id:nyao0121:20180601185400j:plain


チップのせいか若干色が茶色っぽいかな?と思いつつ。



両方とも水洗いし、

色がだいぶ抜けてしまったのですが、


一晩乾かしてみました~(*´∀`)♪




結果は。。。







ほぼ元の白色ー!!( 。゚Д゚。)ポカーン


(一応下地処理として豆乳水に布を浸し洗ってあります)





失敗。。。



失敗は成功のもと!だからね。



*追記*

染めた布、よく見てみたら染まってた!!!

左が最初の煮出し液染め
真ん中は染めてない無地
右はジューサーで砕いて煮出した液で染めたもの
f:id:nyao0121:20180603153216j:plain




f:id:nyao0121:20180603153402j:plain

嬉しい(*≧∀≦)


追記終わり





今回の反省点は、


まず染色液の作り方。
多分最初から実をジューサーで絞って液を作れば綺麗な色が出たかと思います。

あとは、
実の、量が少なかったかも。。。笑


アルミ媒染と、
鉄媒染は、
これは再度トライしてみないとちゃんと色が残るかわからないのだけど、


もしかしたら媒染液も先に染色液に入れて煮出す方がそまったのかも。。。



と言うことで、

次回実が入ったら(来年かなー(^_^;))))

また試してみまーす(*´∇`)ノ



ソメイヨシノの実、やったことあって成功した人、
コツ教えてあげてもいいよー、という人いたら
教えてくださいませm(_ _)m♡




なんだかんだ

楽しかった!!(*´∇`)ノ


うちにかまど欲しいなぁー。

ガスでやるより、

薪で火おこしてやりたい♡♡



土間のある家で、

竈と水屋をタイル仕様にしたいな(*≧∀≦)

薪ストーブと、

薪ボイラーも出来ると尚良い♡♡♡♡♡♡♡

どくだみ

皆様こんにちは(*´∀`)♪

まずは自分と仲直り♡

Be create labo ナースセラピストNyao ことイノウエナオコです♡


久しぶりのブログです(*´∇`)ノ


今回はお手当て方法の一つとして

どくだみの葉や花の利用方法です(*´∇`)ノ


その①

生の葉(や花)でチンキつくり。

チンキ、チンキ剤とは、生薬やハーブの成分をエタノール、またはエタノールと精製水の混合液に浸すことで作られる液状の製剤である

ウィキペディアの説明があるように、

このように作られた液体のことを言います。

語源はオランダ語のtinctuurとのこと。


作り方

1.煮沸消毒した瓶に生葉や花を入れる

2.葉や花の10倍のお酒(35度以上)やエタノールを入れて浸す
(葉や花が必ずエタノールに浸かっていること!!)

3.1日一回軽く瓶をふる

・だいたい2週間ほどしてから使えます。
もっと長く浸しておいても大丈夫。

・使う際は濾して別の綺麗な瓶に移しかえる。



これをどのように使うかと言うと、

原液だったら虫刺されなどの部位に綿棒でチョンチョンと。

精製水で薄めてルームスプレーやボディスプレーにしたり、

精製水とグリセリンを入れて化粧水やボディスプレーにしたり、

などの使用方法があります。


私は今度せっけん作る時に混ぜてみようかなぁ~と思ってます♡



f:id:nyao0121:20180529130043j:plain



その2.ハーブティとして

残りの葉はしっかりと乾燥させて、

お茶葉として使えます(*´∀`)♪

緑茶に混ぜたり、ミントやローズマリーなど他のハーブと混ぜてハーブティとして使うと飲みやすいです(*´∇`)ノ



f:id:nyao0121:20180529130223j:plain



どくだみの効能としては

抗菌作用、利尿作用、循環作用、抗酸化作用などがあるそうです(*´∇`)ノ

詳しくはどくだみ効能などで検索してみてくださいね~(*´∀`)♪♡