藍ブドウ糖発酵

みなさま、こんにちは(*´∇`)ノ

Be create labo ナースセラピストNyaoことイノウエナオコです♡



先月の染色教室でやった

藍のブドウ糖発酵。

その発酵液を分けてもらってきてたので、

その液で染色しました!!





f:id:nyao0121:20180918160025j:plain

お!このままでもいけそうー!!


と思ってやりはじめ、

最初はよかったのですが、


染める量を欲張ってしまったのと、

桶が狭くて、液の中で上手く動かせなかったのもあり、


後は染めた後に雨に降られて染色した布が濡れてしまったのもあり、


上手くできなかった~(^_^;)))

ムラがでちゃいました(^_^;)))笑



染色も、2回目から色の入りが悪くて、

やっぱり再度ブドウ糖加えて、

発酵させて、とやらなきゃダメみたいです。


藍染用のpH紙か、

デジタル式のpH 測定器(高価で躊躇してる!!笑)

購入しないと!!





f:id:nyao0121:20180918160541j:plain

靴下は、折り目の所に色が入ってなかった(^_^;)))笑


何か他の草木を上から染めて、

わざとまだらにしてもいい感じかも♪

藍の生葉染め

皆さま、こんにちは~(*´∇`)ノ


Be create labo ナースセラピストNyaoこと、イノウエナオコです♡



こちらは

藍の生葉染めしました(*≧∀≦)



生葉染めは、

色が落ちやすかったりもするそうですが、

きれいな優しい青色に染まります(*≧∀≦)



先ずは、

茎から葉を取り分けます。


f:id:nyao0121:20180913155144j:plain
沸騰したお湯の中に生葉を入れ

10分煮立てます。

(生葉は煮立て過ぎても失敗するそう!!)

葉を入れた直ぐは、

水が青く染まったのですが



f:id:nyao0121:20180913155304j:plain
少し経つと黄色っぽく変化します。

10分経ったら火を止め、

40℃にほどまで冷まします。


f:id:nyao0121:20180913155434j:plain
煮出し液が冷めてきたら、

生葉ジュースをつくります。

(煮出したものには酵素が無くなってしまうので、ジュースを作って染色液に酵素を足します)




f:id:nyao0121:20180913155632j:plain
入れたあとに、

あー!!!濾すんやった!!Σ( ̄□ ̄;)と思い出しましたが、

まぁ、いいや。


ジュースの繊維が気になるので、

ジュースを足した染色液を濾しました。笑




f:id:nyao0121:20180913155807j:plain
染色液につけていきます。


f:id:nyao0121:20180913155816j:plain
途中でボウルに入れた水で洗って染まり具合を、見ます。


f:id:nyao0121:20180913155824j:plain



f:id:nyao0121:20180913155829j:plain

何度か繰り返し


出来上がり~(*≧∀≦)



f:id:nyao0121:20180918152346j:plain
黄色っぽく見えますが
薄い空色です。


f:id:nyao0121:20180918152351j:plain
染めてない白の布とあんまり変わらない(^_^;)))



ですが。。。

やっぱりちょっと薄かったなぁ。。。

藍の量が少なかったか、、、

浸す時間ももうちょっと長いと良かったかなー。。



また次回重ね染めします!!

命をつなぐこと

みなさま、こんにちは(*´∇`)ノ


Be create labo ナースセラピストNyaoこと、イノウエナオコです♡


今朝、この記事見つけました。

「赤ちゃんポスト」が浮き彫りにする追い詰められた女性たち(Wedge) - Yahoo!ニュース



望まない妊娠。。。

理由はいろいろありますね。



でも、妊娠するには、男性の存在があるはず、なんですよね。。。


レイプされてしまった末だとして、

そういう場合は相手もわからないけれど、

レイプと望まない妊娠で、

めっちゃ傷ついて、苦しんでる人を

責めるような人もたまに見かけます。

この出来事だけでもPTSDになってしまい、

その後何年も苦しむ人も多いのに。



未成年者の妊娠に多いのは、

身内による性的DVや、

交際してる相手との間でのデートDVが多いそうです。


嫌なら断れ、と言う人がいますが、

必死で抵抗していて、殺されるかもしれない、という恐怖を味わってしまった場合、

それ以上抵抗出来なくなります。

男性の方が力が強い。

首絞められたり、刃物ちらつかせたりされたら

もう抵抗出来ないよね。



不倫と呼ばれる、

お互い、もしくは片方が既婚者である相手との場合は

当事者間で何とかするのが筋、とは思いますが、


たとえば、

男性が既婚者で、女性は未婚者で、

男性が妻と別れて君と一緒になるから

と言いつつ、

最終的に子供が出来たら別れる!


と言うケースも少なくありません。


女性がそれでも一人でも育てる!!って思って産んでも

シングルマザーでやっていくことの大変さから、、

と言うこともあるでしょう。




女性のカラダの中に出来た新しい命。


産めないなら作るな、産むな、と言う人がいますが、


作るには男性側の責任もあるし、


出来た命をカラダの中で育ててる女性にとって、

堕胎は殺人と同じ。。。

罪もない子を殺してしまったと言う罪悪感でいっぱいになる人もいます。



頑張って育てていても、

結果的に子供を殺めてしまう親もいます。



赤ちゃんポストに限らず、


もっと

世の中が、

全体で子供を育てる、

という体制になっていかなくては、

何も変わらないと感じます。




以前読んだ児童心理学の本に


子供は親だけではなく、

親のかわりに、愛情をきちんと与える事が出来る人に育てられれば

ちゃんと、育つ


と言うことが書いてありました。




子供の頃からもっときちんと、

どうしたら子供が出来るのか、

どうしたら自分を守れるのが、

自分のカラダを大切に扱うためにはどうしたらいいのか、

命を作ること、カラダの中で育むこと、
産まれた後に育てること、とはどんなことなのか、

子供を作ることと、育てることの違い、


を伝えることは大切で、



一人で悩みを抱えてしまわず、

誰かに迷惑かけるかもしれなくても、

それってみんなお互い様で、

お互い様の気持ちで助け合って生活していく事が大切で。



そういう社会になっていくといいなぁと思う。





画像、関係ないけど

先日夏期講座で作製した手拭い(*´∀`)♪
f:id:nyao0121:20180916115707j:plain

藍の茎染め

皆さま、こんにちは(*´∇`)ノ


Be create labo ナースセラピストNyaoこと、イノウエナオコです♡



今日は藍の茎を染めました~(*≧∀≦)

教室で仲良くさせて頂いてる方が、

藍の茎で染めたものを鉄媒染すると、

とてもきれいなシルバーグレーになる、と教えて下さり、

試して見ました(*≧∀≦)





f:id:nyao0121:20180913154338j:plain
感想させてた茎と、生の茎を細かく切って
お湯が沸騰したら20分ほど煮立てます。



f:id:nyao0121:20180913154415j:plain
染色液に布を浸します。
20分ほど浸したら



f:id:nyao0121:20180913154510j:plain
鉄媒染液に浸します。

最初の染色液がなかなか染まらなかったのでどきどきしましたが

染まって来ましたー!!



f:id:nyao0121:20180913154616j:plain
もう一度、茎の染色液をあたため、
再び布を漬け込みます。



f:id:nyao0121:20180913154704j:plain



f:id:nyao0121:20180913154714j:plain



ゆすいで、

干して、

出来上がり(*≧∀≦)




f:id:nyao0121:20180914070924j:plain

まだアイロンかけてないのでちょっとくしゃくしゃですが(^_^;)))

下の丸く白い抜けがある方は、
茎染めの後に生葉で染めたものです(*´∀`)♪



色が落ち着いてるので、

男性にも使いやすいかも(*´∀`)♪

薬はいつまで飲むのか。その2

皆さま、こんばんは(*´∇`)ノ

Be create laboナースセラピストNyaoこと、イノウエナオコです♡



前々回のブログで薬を飲む事についての個人的見解をあげました。


私は仕事柄、

年輩の方と接することが多いです。

施設で働いていると、

ほとんどの方が、何らかの薬を飲んでいます。



100歳すぎのかわいらしいおばあちゃん。

もともと皮膚が脆弱で、

ちょっと軽くぶつけただけでも皮下出血が出来てしまう。

こちらもケアの時はかなり気をつけていますが、

一ヶ所治ったと思ったらまた新たに、ということもちょこちょこあります。

ショートステイでご利用なので、

ご自宅で過ごされる事が多いのですが、

ご自宅でも同じような感じだそうで、

娘さんが一生懸命ケアしてくださってます。



でね、

何か出血傾向起こしやすい薬、飲んでるんかなー?

と思ったら



不整脈の薬

狭心症の薬

高脂血症の薬

高血圧、浮腫の薬


を飲んでました。。。



カルテに詳しく書かれていないので、いつの発症なのかわからないのですが


既往歴に

狭心症の発作がありました。



10年前の発症だとして、

これ全部ずっと飲ませなきゃいけないのか??

と思う薬ばかりです。



血圧も薬を飲むほど高くは無いし、

浮腫だってそれほど無い。

心臓の浮腫を抑えるため???


高脂血症の薬も続けなくちゃいけないのか??


血液データが無いので何とも言えないのですが。。。

未だに狭心症の再発作を起こしやすそうなデータなんやろか???


と疑問に思うことが多々です。




別の利用者さんで

血圧が上が100無い人がいました。

でも降圧利尿剤の処方はされてる、、、



出来れば飲ませたくないのですが、



なので、入所中、血圧を計り、

そのデータを渡して

退所後に主治医に相談してください、


と連絡したところ、



主治医には、薬を飲んでるからこの値で済んでると言われました


と、言うことがありました。。。


しかも一回じゃなく、何度か。。。


しかもどうしてもと言うならやめましょう

と家族に責任を押し付けるような言い方をされることもあるそうです。。。




看護師から見たらね、


血圧、上が100前後しかなければ、

降圧利尿剤なんて飲ませたく無いです!!

転倒の恐れもあるし、

脱水のリスクも高くなる。


量を減らすなり、やめるなりして

様子をちゃんと見ながら

不要なものはやめてほしい!!


なんです。。。



患者さんの中には、


医者の機嫌を損ねると診てもらえなくなる

という人もいたり、

医者が治してくれるし、医者の言うとおりにしていれば、悪くならない

と信じてる方もたくさんいます。



イヤイヤイヤ!!!


自分のカラダは自分で治す意識を持って!!


と思うのですが、


高齢者の方々にはまだまだ伝わらない事が多いのも事実です。

(高齢者に限らず、なのかもしれませんが。。)




医者も、

病院で、働いている勤務医は、

ほとんど休む間もなく、

責任も負担も多く、

勤務医のとくに研修医の給料はそんなに高くはないので、

アルバイトする先生も、いっぱいいます。


午前中は外来

午後から病棟。

そこで検査や、手術や、なんかをして、

夕方になったら帰れるか、と言ったらそんなことは無く、

さっきのようにアルバイトもあれば、
当直もあります。

患者に急変があれば叩き起こされ、

急変が無くても、いつなんどき何があるかわからないので、なかなか熟睡も出来ず、

そしてまた朝が来て

通常業務、、、

 

となります。


そして一人で何人も診なくてはいけません。


 
ほんとにハード!!



そして一度何かあれば

患者家族に責め立てられる、ということもよくあります。。。



そのためにも、


自分のカラダの(ココロもですが)
責任は自分で取ってほしい。



出されているからとずっと習慣のように飲み続けてる薬はいつまで必要なのか、ちゃんと自分が納得出来るよう医者に聞いてほしい




訴訟を起こす家族というのは、 

医者と家族の間だのコミュニケーション不足によるものが大きいな、と感じます。

誠実さとかね。




最悪な事が起こらないようにするためにも、

勧められたものはそのまま受ける前に

何のため?という疑問をもって欲しいし、



自分の人生の主役も責任も自分!!

って感覚で日々過ごしてほしいなと思います。





画像、内容と全然関係ないけど、

ハート♡かわいい~(*≧∀≦)と思って買った

クリームパン♡
f:id:nyao0121:20180912192218j:plain

決めるのは自分。

皆さま、こんばんは(*´꒳`*)

 

Be create labo ナースセラピストNyaoこと、イノウエナオコです♡

 

今日は、染色教室の日で、

 

藍の生葉染めの実習でした(≧∇≦)

 

藍の発酵建て、沈殿藍、そして今日の生葉。

 

素手でやると色が手に残るのが楽しくて今日もやっちゃいました(≧∇≦)


f:id:nyao0121:20180910230849j:image


f:id:nyao0121:20180910230904j:image

 

 

 

さて、本題。

 

 

今日、こんなネットニュース見つけました!!

 

医師が提唱「イソジン牛乳」の怪 うがい薬入りの牛乳でがんが消える?メールと口コミで拡散も(ハフポスト日本版) - Yahoo!ニュース

 

 

牛乳100ccに、イソジンうがい液を1滴入れて、それを飲む事でガンが消える!!

 

と言う記事。

 

 

提唱した医師が現在80歳代、若い頃に勉強した細胞組織学の知識から、仮説を立てて、提唱している、と言う文献です。

 

当然、エビデンス重視の学術書には文献を載せてもらうことが出来なかったそうですが、

 

医療仮説を取り上げてくれる本で、載せてもらった文献とのこと。

 

 

若い頃がいくつ頃をさすかわかりませんが、

 

5〜60年前の知識だと、もしかしてその後の研究で、この医師が習ったこととは違う作用をする組織が発見されてたりするかもしれないなぁ、と感じつつ、

 

 

私は、これ、面白いなぁ、と思いました。

 

 

実際に取り入れた患者Aさんは、ガンが再発せず元気になっていて、

 

やるか迷いつつやらなかったBさんは数ヶ月後に亡くなっている。

 

Bさんは迷った時に相談した相手の助言に従い、飲むのをやめた。

 

 

この記事の後半の部分は、

 

この医師の言うことはとんでもない!みたいなまとめ方になっていますが、

 

私はそこには違和感をちょっと感じました。

 

 

この医師は、

 

エビデンスも無しに、自分で実験したわけでも無しに、効果がある、と言っているのは

 

確かに叩かれても仕方ないかな、と思います。

 

けど、ご本人が仰るように、

 

自分は勧めているだけ、と言ってるように、

 

大半は主治医に相談し、反対されてもやる、と決めた人だけがやってると思われます。

 

非科学的でも、

 

治療法が無いと言われ、

 

絶望状態にある人から見たら、

 

藁をもすがる思い、だと思います。

 

やる事が精神的な支えになる事はあるでしょうし、

 

やるなら、効果があると良いなぁと前向きにやるのを私なら勧めます。

 

 

医学的に根拠の無いものはやめた方がいい、なんて、私は言えない。

 

 

専門家、と呼ばれる人達の知識が偏っていない、とは断言出来ないですしね。

 

特に、西洋医学の医師はどうしても、その人全体よりも、

 

病気そのものだけに意識が向きがち。

 

 

でも、病気って、そのものだけをなんとかすれば、大丈夫!!ってものでは絶対に無い。

 

手術で臓器を取る事で起こる弊害も、麻酔による弊害もあるし、

 

化学療法に至っては、手袋をしなきゃいけないような薬剤を混注しますが、それを血管から全体に行き渡らせる事の方がよっぽど害だよな、と言う気もするし

 

そもそも習った通りにやるように言われるのだろうけど、

 

効果なんて千差万別。

 

 

陽子線療法のような高額なものは一般庶民にはなかなか手が出せない。

 

ガンが治るにはどんな方法があるかな?という考えから、こう言う療法を生み出したのだとしたら

 

ある意味良心的な医師だと私は思います。

 

 

高額な壺や怪しい療法で弱ってる人から金を巻き上げるようなものなら批判も強くていいと思うのですが

 

この医師はお金を巻き上げようとしてるわけでは無いですしね。

 

実際に自分の提唱した療法がどれだけ効果があるかを知りたい、と言うのは普通の感覚だと思います。

 

それを、患者が断れないように進めるのは脅迫ですが、

 

実際に西洋医学の世界でも、

 

早期に治療をはじめないと大変な事になる、と言い張る医師も存在します。

 

そっちのが脅迫やん、と感じます。

 

 

標準治療を受け続けさせる事を書いてるけれど、

 

これ以上治療方法が無い、と宣告した患者に対して、

 

それ以上その医師は何をしてくれると言うのかな?

 

自分の言うことを聞かないで勝手な事をやったあなたはもう私には診れない、と平然と言う医師もいます。

 

矛盾してるよな、と感じます。

 

 

たしかに、

 

患者さんと言うのは

 

医師の言う事を信じてしまう、という部分は大きいです。

 

けれど、言われたからやる、と言うよりも、

 

こう言う療法もあるなら、少しでも可能性があるならやってみたい、と

 

医師に言われたからではなく、自分で決める

 

自分はやりたいのか、やりたくないのかを選ぶ

 

事が何より大切だと思います。

 

 

 

ちなみに

 

イソジンうがい液の副作用の報告ってどんなものがあるのか気になります。

 

私的には、

 

濃度が濃いか、ヨードアレルギーがあるか、甲状腺の疾患があるか、くらいしか想像つかないので、

 

何がベースで副作用が出たのか知りたい。(単純な好奇心です)

 

 

何事も自分で決める事が大事。

 

そうしたらどんな結果でも、自分が選んだ、って満足感はあるから。

 

と感じます(*´꒳`*)

 

 

 

 

薬はいつまで飲むのか??

みなさま、こんばんは〜(*´꒳`*)

 

Be create labo ナースセラピストNyaoこと、イノウエナオコです。

 

 

今日は地元町内会の地引網のイベントに旦那さんと参加してきました(≧∇≦)

 

この天気(強風)だったので漁は出ず、メインの地引網はなかったのですが、

 

海でみんなで飲んで食べて、語って、子供たちを見て、

 

好き勝手に海で遊んだり、、、(≧∇≦)

 

 

うちは子供はいないので、私は殆ど知り合いはいないのですが、

 

旦那さんはアルコールあると社交的になるので、近所のおじさんと仲良く喋ってました。

 

旦那さんを尊敬する部分のひとつ♡笑

 

 

 

さて、本題。

 

f:id:nyao0121:20180909221644p:image

 

 

 

皆さんは

 

お薬、飲みますか??

 

薬には病気そのものを治す力は無く、症状を緩和させるだけのものです。

 

 

なので、

 

どうしても症状の酷い時、

 

その症状を和らげるために飲む事は、反対はしません。

 

私も頭痛の強い時は、解熱鎮痛剤飲む事もあります。

 

でもそれは根本的な治癒には至らないので、

 

頭痛の原因はなんなのか、を全体的に自分のカラダと照らし合わせて、

 

頭痛を起こさないようにする生活習慣に変えていく、事が一番重要なのです。

 

(この辺はまた後日別記事で書こうと思います)

 

 

 

けれど、

 

慢性的な疾患(病気)に対して長期間飲み続けるのはどうなのかな?

 

と思う事はあります。

 

 

例えば、よく言われるのが

 

ステロイドは急にやめてはいけない

 

と言うものですが、

 

そもそもステロイドホルモンは、人間のカラダの副腎皮質で作られるホルモンです。

 

 

なので、

 

いろんな不調の原因のカギは副腎なのかな、と最近は思われるようになってきています。

 

実際に、

 

副腎疲労という疾患名も言われるようになりました。

 

 

気になる方は調べてみてください。

 

 

副腎疲労は最近になって広く知られるようになった病気で、

 

専門で診れる医師はまだまだ少ないようですが、

 

治療の一環として、ステロイドを飲まされ続けている疾患は、

 

ベースに副腎疲労があるのでは??

 

と感じます。

 

 

実際に、ステロイドを飲み続けることで、自分のカラダで作られにくくなってしまう事があります。

 

 

引用文献ですがこちら、

 

2.続発性副腎皮質機能低下症
続発性副腎皮質機能低下症の中で最も多いの は,ステロイド(グルココルチコイド)の長期 投与によって起こる医原性の副腎皮質機能低下 症である.長期にわたるグルココルチコイド投 与は,負のフィードバック機構により,視床下 部―下垂体―副腎系を抑制し,その結果,副腎は 萎縮してコルチゾール分泌は低下する(図1). 1 日当たりヒドロコルチゾン 30 mg(または 7.5 mg!日のプレドニゾロン,0.75 mg!日のデキサメ タゾン)を 3 週間以上の服用することで,副腎 萎縮とコルチゾールの分泌低下を来たす可能性 がある6).このような状態で,ステロイドが急激 に減量されたり,中止されたりすると,副腎皮 質機能低下症に至る.また,ステロイド長期服 用患者では,視床下部―下垂体―副腎系が抑制さ れているために,ストレス(感染,外傷,手術 など)がかかったときに,正常な応答(コルチ ゾール分泌促進)ができないため,相対的なグ ルココルチコイド欠乏に陥る可能性がある.
視床下部および下垂体領域の病変では,CRH やACTHの分泌が低下して,副腎皮質機能低下 に至る(図1).腫瘍性病変が原因となる場合が 最も多く,腫瘍自体の増殖によるものと,手術
放射線療法により下垂体機能低下を来たす場 合がある.多くの場合はACTHだけでなく,他 の下垂体ホルモンの分泌低下も認める.リンパ 球性下垂体炎やACTH単独欠損症などの自己免 疫機序が発症に関与する疾患や,下垂体卒中・ 壊死(Sheehan症候群),くも膜下出血,外傷な どによっても,副腎皮質機能低下が起こる(表 1).

https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/103/4/103_878/_pdf

より引用。

専門的な文章なので難しいかもしれませんが興味ある方は読んでみてください。

 

 

引用した最初の一文にあるように

 

ステロイドホルモンの長期投与により医原性の副腎皮質機能低下症が起こるのです。

 

 

急激に症状が悪化した時に使って、

 

その後減らしていって、なるべく早めに薬剤性のステロイドを離脱させる、

 

という考えで使っている医師は、

 

そんなに多くない、と言うのが

 

今まで臨床で見てきた感想です。

 

 

 

うちの母もリウマチでプレドニン内服しています。

 

しかし、母親の年齢の人というのはなかなかこちらの意見をすんなりと聞いてはくれません。

 

身内ならなおさら(>_<)

 

量はだいぶ少なくなっていますが、

 

結局痛みは今でもあります。

 

やめたらもっと痛くなるかも、っていう不安もやっぱりあるみたいです。

 

バイオを勧められた時は流石に母を説得し、

 

費用もかかるし、

 

これもまた始めたらいつまで続けるのか、やめ時がわからなくなるし、

 

バイオ使う前に出来ることやってみようよ!

 

 

って、

 

温熱両方(砂浴、岩盤浴酵素風呂、お灸、棒灸)やったり、

 

鍼やったり、漢方飲んだり、糖質制限食(炭水化物、砂糖を控える程度)したり、やってます。

 

割と調子が良いようです(*´꒳`*)

 

 

バイオはまだまだ高いので、お金使いたくない、って思ってくれたのが大きいのかもしれませんが^_^

 

内服薬は医療保険で1〜3割しか自己負担がかからないのと、

 

病院、薬局側は処方されれば診療報酬で国からお金が入るので

 

薬を出したがる、と言う悪循環もあるんですよね。。。

 

 

長くなってしまったので、今日はこの辺で(*´꒳`*)

 

 

ZOOMや対面でこういった相談もお話しも、聴きます♡

 

30分、2000円からのドネーション制でやってます。

 

話も聴きますし、わかる範囲でお伝えしますが

 

最終的にどうするかを決めるのはご自身です。

 

 

興味ある方は連絡ください。  mi_na0121♡yahoo.co.jp(♡を@に変えて)

 

TwitterやFBの方はメッセージ機能でも受け付けます(*´꒳`*)